menu

レシピ・食べ方ご紹介

当店は高級フグ料理店の味をご家庭でもお気軽に楽しんでいただけるよう、最高の材料と技を用いて皆様のもとへお届けしております。
本ページではその商品をより一層美味しく頂けるレシピ・食べ方をご紹介致します。

ふく刺し

ふく刺しイメージ

美味しい食べ方
  1. 添付のふくぽん酢を適量小皿に注ぐ。
  2. 1に刻み葱を入れる(お好みでもみじおろしを加えてください)

ひとことメモ

  • ふく皮も同じようにお召し上がりください。
  • 薄造りにしていますので2〜3枚を一緒にお召し上がりいただくとよいです。
  • 長めに切ってある葱は、1〜2本をふく刺しで巻いていただくと、ふくと葱の風味をよりいっそう味わうことができます。

ふくのたたき

当店の「みがきふく」をお持ちの場合、ふくのたたきを作ることができます。
ご家庭でもお作り頂けるレシピになっておりますので、ぜひ一度お試しください。

作り方
  1. 「みがきふく」の頭を切り落とし、ボールに氷水を用意しておく。
  2. 大きめの鍋にたっぷりのお湯を沸騰させ、1を2〜3秒サッとつける。(数匹ある場合は、一匹ずつ同じ要領で繰り返す)
  3. 2で表面が白くなったところですくい上げ、1で用意した氷水でよく冷やす。
  4. 3を取り出し、キッチンタオル等でしっかり水気をとる。
  5. ふくを3枚におろす。
  6. 表面に焼き色を入れたい場合、5の上身に串を刺し、火であぶるか焼き網に乗せて色をつける。
    ※この時、中まで火が通らない様に注意!
    色がついたらすぐに氷水につけた後、乾いたタオルで巻いて2〜3時間冷蔵庫に入れて冷やす。
  7. 尾を手前に置き、左から包丁で引くように薄く切っていく。この時、身が水平になるように棚取りし、包丁をまな板に押し付けるように引くと切りやすい。
    同じ大きさになるようにゆっくり引くのもポイント。
  8. 7を1枚ずつ皿の外側から盛り付け、中央に皮を置く。

ひとことメモ

  • ふくを3枚におろす際は、中骨に少し身を残しておくと、ふくちりや唐揚げに使用できます。
  • 身についている赤い部分は食べられますので、鍋などでお召し上がりください。
皮の処理
  1. 沸騰させたお湯の入れ、外側は5秒、内側は10秒程火を通し、透き通ってきたら引き上げてすぐ氷水で冷やす。
  2. よく冷やした1の水気をしっかり拭き取り、千切りにする。(外側はやや大きめに、内側は細めに)
【お召し上がり方】
わけぎのみじん切りや紅葉おろしを添え、ポン酢などでお召し上がりください。

ふくあら

ふくの身とあらの部分はすべて鍋にしていただいてもかまいませんが、唐揚げにしてもたいへん美味しいです。
唐揚げとふくちりの2つのレシピをご紹介します。

ふく唐揚げ
ふく唐揚げの作り方
  1. ふくのあらに薄塩をし、片栗粉をまぶして油で揚げる。
  2. きつね色に揚がったら油から取り出す。
  3. 塩を振りかけてお召し上がりください。

ひとことメモ

  • 骨のまわりの身が特に美味しいです。  ※骨は硬いので食べられませんのでご注意ください。
ふくちりの作り方
  1. 水を張った鍋に昆布を入れ、沸騰したら取り出す。
  2. 1の中に骨のついたあらとその他の具をしっかり煮る。
  3. 2で全体に火が通ったら、ふくの身を入れ白く色が変わったら中まで軽く火を通す。
  4. ふくぽん酢ともみじおろし、刻み葱でお召し上がりください。
ふくちり

ひとことメモ

  • 3ではあまり火を通しすぎずないほうがふくの身のぷりぷり感を味わえます。
  • 具材には豆腐・白菜・きのこ類・春菊等が一般的ですが、その地方や季節によっていろいろ試してみるのも楽しいでしょう。

ふく雑炊

ふくちりをされた後にはぜひ雑炊にしてお召し上がりください。
この雑炊を食べるためにふくちりをすると言う方もいらっしゃる程の、人気の食べ方です。

作り方
  1. ふくちりの具材を全部食べてしまった後、適量の塩で味を整える。
  2. ごはんを水で洗ってぬめりを取り、1の中に入れる。
  3. 2の状態で火にかけ、煮立ったところでとき卵を入れ、蓋をして蒸らす。
  4. 出来あがりに刻み葱を入れてお召し上がりください。

ひとことメモ

  • 冷ご飯のほうが美味しく出来ます。

ふくひれ酒

独特の風味にやみつきになります。
ご使用になるお酒は吟醸や純米ではない普通の清酒のほうが美味しく頂けます。

ふくひれ酒
作り方
  1. ひれを濃いキツネ色になるまでこんがり焼く。
  2. 焼いたひれを通常より高温の熱燗に入れ、1~2分蓋をして蒸らせば完成です。

ひとことメモ

  • ひれを焼く際、焼き方が足りないと生臭さが残りますが、あまり焦がしすぎないようご注意ください。
  • ひれは入れたままにしておくとさらにエキスが出てきますので、2杯目以降に使っていただいても結構です。
  • お酒の温度が高いので、蓋を開けるときに火をつけて表面のアルコールを飛ばしていただくと飲みやすくなります。

当店のふくで、ご家庭独自の楽しみ方を…。

ふくはさまざまな食べ方がありますが、これまで料理店のみでしか味わうことの出来なかった保守的な食材でもあります。
まずは上記のお召し上がり方をお試しいただいた上、ご家庭独自のお楽しみ方を工夫されるとよろしいかと存じます。

お気づき・ご不明点などございましたら、下記よりご遠慮なくお申し付けください。

お電話・FAXからのお問い合わせ

TEL. 083-233-0186 FAX. 083-233-0272

メールフォームからのお問い合わせ

メールフォームでは24時間、お問い合わせを受け付けております。

メールフォームはコチラ

ページの先頭へ